Baseball & Football

人の記憶は断片に左右されるため時にあてにならない。

昔、アメリカのHBOで観たStand-upコメディ(日本語で言うと漫談)の内容が気になったので、その時観た断片の記憶を頼りにAmazon.comで検索して、DVDを発注した。届いたので観ていたらなんか違う。

右のGeorge Carlin と間違えて、左のDennis Miller を発注してしまったのである。要するにあご髭に惑わされて混同したのだが、DVDで再生しみるとなんか違う。記憶の中の声の質や話し方、ネタの傾向と食い違っている。それで、初めて記憶の中のイメージと異なり頭が禿げてないのにも気がついた次第である。

違和感をもとに、記憶に残っているネタをWebで検索したらモロに出てきた。まったく、Google様々である。こんなことなら初めからDVDを発注する必要もなかったかもしれない。Baseball and Football (抜粋参照)がそれである。

なぜこのネタが記憶に残っていたかというと、私の持っている野球に対する印象と随分と異なるからである。私にとって、野球は、なにやら軍隊的な規律や上下関係があり、根性が必要なくつろげないスポーツなのだ。たとえば、巨人”軍”という言葉に象徴される。しかし、このネタでは、野球は、暖かみとくつろぎにあふれた、スポーツとして扱われている。むしろ、殺伐とした軍隊的なスポーツとしてFootballが対比される。

漫談のネタとして強調されている部分もあろうが、定番としてアメリカ人に受けていることを考えると、アメリカ人自身が持っている野球に対する感覚をある程度反映していると考えられる。

閑話休題、

またぞろ、国内ではお笑いブームである。日本のお笑いは、個人/漫談形式よりは、グループ/漫才形式が多数と思われる。ピンの芸人も、売れた漫才コンビから、優秀な芸人が司会者などで独り立ちするケースが多いように思われる。これに対して、HBOなどでコメディーを観ていると、漫才をほとんど観ない。

もちろん、形式としてのボケとツッコミは、米国のアニメ、映画、など様々な場面で見られるのだが、コメディアンという形態ではあまり見ないように思うのだが、これはなぜだろうか ? 現在鋭意究明中である。これに対して、アメリカの漫才師(マルクス兄弟のような古典、映画キャラは除く)をご存じの方は是非ご連絡下さい。Manzai@Hiroshi.com

 

抜粋

Geroge Carlin

 

Baseball is a nineteenth-century pastoral game.
Football is a twentieth-century technological struggle.

Baseball is played on a diamond, in a park.The baseball park!
Football is played on a gridiron, in a stadium, sometimes called Soldier Field or War Memorial Stadium.

Baseball begins in the spring, the season of new life.
Football begins in the fall, when everything's dying.

In football you wear a helmet.
In baseball you wear a cap.

Football is concerned with downs - what down is it?
Baseball is concerned with ups - who's up?

In football you receive a penalty.
In baseball you make an error.

In football the specialist comes in to kick.
In baseball the specialist comes in to relieve somebody.

Football has hitting, clipping, spearing, piling on, personal fouls, late hitting and unnecessary roughness.
Baseball has the sacrifice.

Football is played in any kind of weather: rain, snow, sleet, hail, fog...
In baseball, if it rains, we don't go out to play.

Baseball has the seventh inning stretch.
Football has the two minute warning.

Baseball has no time limit: we don't know when it's gonna end - might have extra innings.
Football is rigidly timed, and it will end even if we've got to go to sudden death.

In baseball, during the game, in the stands, there's kind of a picnic feeling; emotions may run high or low, but there's not too much unpleasantness.
In football, during the game in the stands, you can be sure that at least twenty-seven times you're capable of taking the life of a fellow human being.

And finally, the objectives of the two games are completely different:

In football the object is for the quarterback, also known as the field general, to be on target with his aerial assault, riddling the defense by hitting his receivers with deadly accuracy in spite of the blitz, even if he has to use shotgun. With short bullet passes and long bombs, he marches his troops into enemy territory, balancing this aerial assault with a sustained ground attack that punches holes in the forward wall of the enemy's defensive line.

In baseball the object is to go home! And to be safe! - I hope I'll be safe at home!